占い

気になるアノ人にはどんなアプローチが効くの?「月星座」を使って恋愛成就!

月星座で恋愛成就

「好きな人がいるんだけど、どういうアプローチをしたら相手の心に響くのかわからない・・・」

「彼氏(彼女)のことがよくわからなくて喧嘩ばかり」

・・・占い師さんの元には、日々、恋愛がらみの相談が数多く寄せられます。

人には誰しも”二面性”のようなものがあり、それが恋愛を難しくさせている側面もあるでしょう。

その二面性を解き明かす上でとても参考になるのが、「月星座」です。

いわゆる星占いとはどう違うのか?

今回は、自分の月星座を調べる方法と、月星座を使った恋愛成就のテクニックをご紹介します!

月星座って何?

月星座とは?

みなさんは、ご自身の「星座」をご存知ですか?

おひつじ座、おうし座・・・うお座の12星座がありますが、そもそもこの「星座」とは何なのでしょうか。

一般的な星占いで使われる「星座」とは、その人が生まれた時に太陽が位置していた星座のことです。

太陽が通る道(黄道)を12区分したうち、太陽はどこの場所にあったのか?

これがいわゆる「星座」、正式には「太陽星座」と呼ばれるものです。

太陽は顕在意識(表に現れている意識)を表していると言われていて、目に見えるところに現れている「その人らしさ」を表します。

一方、月が位置していた場所は「月星座」といいます。

こちらは、その人の内側に眠っている潜在意識、言ってみればその人自身も気づいていない本音、その人の本質的な部分を表していると考えられているのです。

星座=「コスチューム」と考えるとわかりやすい!

星座はコスチューム

ちょっとわかりにくいですか?

ならば、天体(星)がそれぞれいろんなコスチュームを着ている姿をイメージしてみると良いでしょう。

例えば、筆者は太陽星座がみずがめ座、月星座はうお座です。

みずがめ座といえば、常識にとらわれない考え方をするちょっと変わり者・・・みたいなイメージですよね。

ファッションでいうと、ファッションショーでしか活躍の場がないような奇抜な服や、宇宙服などが似合うイメージ。

これに対して魚座はロマンチックなお姫様のドレス、人魚姫のコスチュームが似合うような雰囲気です。

つまり私は、表向きは「宇宙服を着た太陽」でちょっとエキセントリックで変わり者、どちらかといえば中性的なイメージを持たれやすい人物。

ですが、本質は「お姫様の服を着た月」で、とても繊細なロマンチストさんなのです。

浅い付き合いの人は、私を「サバサバした男性的な女性」と表現するでしょうが、付き合いが長い人は私がとても傷つきやすく(!)イマジネーション豊かな夢想家であることを知っているでしょう。

このように、太陽星座と月星座は「表に見えている顔」と「見えていない、本当の顔」を教えてくれるのです。

これは、好きな人へのアプローチ方法を考えるうえでも参考になるはず!

気になるアノ人の月星座は?

月星座でアプローチ

では、さっそく、自分や気になるアノ人の月星座を調べてみましょう。

コチラのサイトで、生年月日と時間、生まれた場所を入力すれば誰でも簡単に自分の月星座を知ることができます。

⇒ 参考:YOUR MOON SIGN

※出生時間がわからない場合は、「12:00」と指定してくださいね。

【月星座別】 アノ人の心をつかむ!キラーワード

キラーワード

おひつじ座

勝ち負けにこだわるので、プライドを刺激する言葉が効果的。

また、物事は即断即決派☆

「すごい!まだ誰も成功してないのに!」

「さすがだねーー☆」

「今から行こっか💛」

おうし座

センスが良く、目利きの才能アリ。

その才能を誉められると喜びます。

「この前教えてくれた店、めっちゃよかったよ!」

「センスいいね🎵」

「やっぱり、質が良い物っていいよね」

ふたご座

頭の回転が速く、バツグンのコミュ力の持ち主。

ノリが合う人が好きです。

「物知りだよねー」

「本当に、説明が上手だね」

「もっと聞かせてほしいな💛」

かに座

気遣いができ、家族を大切にするアットホームな星座。

フィーリングが合う人、一緒にいて安心できる人を好きになる傾向があります。

「あなたと一緒にいると安心するなー💓」

「なんか、和むね」

「今度、うちでご飯でもどう?」

しし座

まさに百獣の王様!

俺様気質についてこられる女性を求めています。

「すごいね!」

「さすがだね!」

「あなたに似合う女性にならなくちゃ💓」

おとめ座

完璧主義で、常にスキのない星座。

さりげない気遣いができる人が本命です。

「完璧だね!」

「才能あるね。」

「明日もあるから、そろそろ帰ろっか」

てんびん座

バランス感覚に優れたモテ男・モテ女。

「人から見られる自分」を意識するので、野暮ったい人はお断り!

「モテそうだよね」

「一緒にいると楽しいな☆」

「あの服、いいよね」

さそり座

マニアな星座。人付き合いも、深く、狭く。

お世辞を嫌い、本音で向き合ってくれる人に惹かれます。

「実は相談があるんだけど…」

「本当はね・・・」

「あなたらしさを大事にしてね」

いて座

スケールが大きく、いつも「ここではないどこか」を求めている人。

ポジティブで明るい人が好きです。

「太っ腹!」

「やりますねー!」

「なんとかなるんじゃない!?」

やぎ座

真面目な努力家。

伝統を重んじ、常識的できちんとした人を好む傾向があります。

「若いのにしっかりしてるねー!」

「出世しそうだね」

「私、○○先生のことを尊敬してるんだ」

みずがめ座

知的でクール。こだわりが強いインテリタイプです。

自由を重んじるので、自立した人が好みです。

「頭いいねー!」

「それ、みんなにも共有していいですか?」

「私は大丈夫だから、自分のことやっていいよ」

うお座

共感性高く、人との境界が曖昧な人。

誰にでも優しく、スキンシップに弱い!特にフィーリングが合う人が好きです。

「こんなことがあって…泣泣」

「その感覚、すごくわかる!」

「ちょっと飲み過ぎちゃったかも…💓」

【まとめ】ストレートに響く言葉でハートを射抜く!月星座で恋愛偏差値を上げよう

月占い まとめ
今回は、「月星座」を使ったモテ術をご紹介しました。

まとめ
  • 太陽星座は「顕在意識」を、月星座は「潜在意識」を表している
  • 星占いの星座は「コスチューム」のようなものと考えるとわかりやすい
  • 月星座を知れば、相手の本質をつかんだアプローチができる

太陽星座を元にして相性やアプローチ方法を調べてみたけど、イマイチ、手ごたえがない・・・。

そう感じていたなら、月星座に目を向けてみると、その人が本当に欲している言葉、愛のカタチが見えてくるかもしれません。

このサイトでは、これからもいろんな人間関係に生かせる「プチ月星座占い」を紹介していきます。

月星座を意識することで、あなたが大切な人たちともっともっと良い関係を築けますように☆