占い

相性が良いはずなのに合わなかった・・・。その理由は星座で分かる!月星座で知るアノ人の本性

相性占い

「占い本では相性が良いってことになってたけど、結局は合わなくて別れてしまった」

「占い師には相性が良いって言われたんだけど、いつも喧嘩ばかり」

・・・恋愛で特に多い悩みですよね。

相性占いが当たらないと感じているのは、その人の「表面的な特性」しか見ていないからかもしれません。

この記事では、月星座を使って人の本性を見る方法、各星座の意外な裏の顔についてご紹介していきます!

人にはみんな「裏の顔」がある

仮面

スイスの心理学者・ユングは、「人は誰でも、ペルソナを持っている」と考えました。

ペルソナとは、仮面のこと。

私たちはいつも、相手や、置かれた状況に合わせて「仮面」を使い分けているという説です。

恋人や配偶者との関係に違和感を覚えるのは、人が相手との関係性に応じてこの「ペルソナ」を使い分けているせいかもしれません。

また、相性占いが当たらないと感じるのは、相性占いが「太陽星座」をベースにしていることも影響しているはず。

コチラの記事で詳しく解説していますが、太陽星座はその人の”表”の顔、つまりは「ペルソナ」的な部分を表していると考えられます。

気になるアノ人にはどんなアプローチが効くの?「月星座」を使って恋愛成就!

一方、月星座見れば”素”のその人を知ることができるでしょう。

今回は、月星座を元にしてその人のちょっぴりダークな一面にスポットライトを当てていきますね!

【月星座別】意外!?表からはわからないあの人の裏の顔

ダークな一面

占い本の多くは、各星座の良い部分がメインで書かれていますよね。

しかし、長く付き合っていくためには相手のダークな面こそ知っておく必要があります。

まずは、コチラのサイトでご自身の「月星座」を出してみてくださいね。

⇒ MOON CYCLE

おひつじ座

基本的には超がつくほど自己中心的な人。

相手に対して「もっとももっと」と愛を求めるので、相手は身も心も疲弊してしまう・・・。

ハンター気質で浮気が多いのも覚悟が必要!

おうし座

穏やかそうに見えるけど、実は猛牛な人も多い。

独占欲が強く、かなり束縛されることは覚悟しておいたほうが良いかも。

結婚願望が異常に強いのも特徴的!

ふたご座

明るく、サービス精神旺盛に見えて実は二面性のある性格。

基本的には自分に自信がないので、恋愛では優柔不断な面が強く出て相手をイライラさせることも。

重い話は苦手なので、相手の愛情が「重い」と感じたらサクッと自然消滅に持ち込むケースも多い!

かに座

行動の一つ一つの基準が「感情」なので、恋愛もかなりディープ。

相手に尽くし、相手にも同じように自分に尽くしてほしいと思っています。

愛が深すぎて尽くし過ぎ、相手を人間としてダメにしてしまうことも多い・・・。

しし座

百獣の王を地でいくタイプで、典型的な俺様タイプ。

好意や正義感から、価値観を押し付けてくることが多いかも。

拒否ると「嫌われた」とショゲるので、ちょっと面倒くさいタイプでもあります。

メンクイで、派手に女遊びをする傾向があるので注意!

おとめ座

精神的な結びつきを大事にする一方で、自分自身は感情を表現するのが苦手。

好意があるのかどうか最もわかりにくい人です。

相手は、愛されているのかどうかわからなくて不安になるかも。

実はロマンチックなシチュエーションにあこがれていたりもして、ちょっと妄想壁があるのが特徴!

てんびん座

バランス重視で、何よりも体裁を気にするタイプ。

一見恋にも積極的に見えますが、実は典型的な「釣った魚に餌をやらない」タイプです。

「受け身過ぎてつまらない」とフラれることも多いでしょう。

さそり座

どんなことも、ヤバいくらいにのめり込む傾向あり。

恋愛の仕方もかなりディープで、思いつめると極端な行動に出る危険性もある人。

一途に見えて実は浮気性な側面もあり、ロマンを求めて浮気を繰り返すこともあります。

いて座

とにかくせっかちで、恋愛も速く白黒つけたがるタイプです。

一緒にいると、正直ちょっと疲れる・・・と感じてしまうこともあるかも。

元々ハンター気質なので、パートナーがいても出会いの場には顔を出します!

やぎ座

くそ真面目で不器用。

そのうえ頑固で持論を譲らないところがあるので、愛想をつかされることも少なくないでしょう。

しかし、意外に、恋愛でタガが外れることがあります。

真面目で誠実に見えて、実はセフレがいたりすることも・・・。

みずがめ座

あえて、わざと空気を読まない行動をすることも多いでしょう。

超マイペースで天邪鬼なところもあるので、付き合う相手は疲れるかも。

浮気に対して全く罪悪感がないので、パートナーがいてもわりと気軽に他の異性と二人で出かけます。

ただ、身体の関係はあってもドロドロした関係にはなりにくいのでしょう。

うお座

周りに流されやすく、自分がどうしたいのかが自分でもわかっていないところがあるかも。

生まれついての恋愛体質で、恋人ができるとその人との関係が最優先になりがち。

どこか「欠けている部分」のある人に惹かれやすく、共依存の関係に陥りやすい・・・。

周りから見て心配なくらいに恋にのめり込む人です。

【まとめ】仮面も含めて、その人はその人。愛するために強くなろう!

愛するために強くなる

月星座を元に、各星座の「裏の顔」、ダークな一面について見てきました。

まとめ
  • 人はみな、「ペルソナ」を被って過ごしているため、本性はわかりにくい
  • 相性占いが「当たらない」と感じる時は、太陽星座のみで観ていることが多い
  • 月星座で相手の本性を見ると、その人を知るヒントが得られる

人にはいろんな”顔”がありますが、どんな顔も全てその人であることには違いありません。

全てをひっくるめて愛せる相手に出会えるのが理想ですよね。

そのためには、人の弱いところも愛せる強さが必要です。

相手に求め過ぎる前に、自分の心は自分で満たす努力をしましょう。

明日のアナタにステキな出会いがありますように☆