世界遺産:ギョベクリテペの謎。大洪水の予言とノアの箱舟の再来。

ギョベクリテペはトルコの南東部、シャンルウルファという丘の上に位置し、世界最古の遺跡と言われています。

「ギョベクリテペ」という言葉には「太鼓腹の丘」という意味があるそうです。

作成時期は、今からおおよそ12,000〜13,000年前頃。

これまで世界最古の文明と言われていたのは、「メソポタミア文明」ですよね。

ギョベクリテペはメソポタミアよりも7,000年も古い文明の遺跡であることが話題となりました。

そして、2018年に世界遺産への登録を果たしたのです。

トルコ中に歓喜の声を沸かせた世界遺産には、どんな不思議が隠されているのでしょうか。

 

ギョベクリテペ遺産とは

ギョベクリテペの発掘が始まったのが1960年代のこと。

アメリカのシカゴ大学チームとトルコチームがスタートさせました。

長い間、その姿を見せてはくれませんでしたが、ある農夫が畑仕事をしているときに発見されたのです。

それをきっかけに本格的な発掘調査が開始され、「巨大なT字型の石柱」と付近に広がる「大規模な遺跡群」が発見されました。

また、ギョベクリテペが点在する「カラジャ山」に麦の存在が確認された為、これこそが麦の起源であるとされました。

新石器時代や農耕の起源もここから始まったという可能性が出てきたのです。

そして、「新石器時代はレヴァントを起源としている」という仮説は覆されてしまいました。

世界最古の宗教施設⁉︎定説を覆す新たなる発見‼︎

ギョベクリテペ周辺には、人々が生活した痕跡が見つからないそうなのです。

そのことから「宗教施設」だったのではないかと仮説が立てられています。

遺跡の周辺には動物の骨が沢山発掘されています。

しかしそれは、狩人たちが宴や集会などの時に調理をした痕跡とされており、生活の痕跡とはされていないのです。

その他にも宗教施設だったと言われる理由は、いくつか考えられます。

  1. 高さ6m・重さ20tを超える石の柱が、対になって200本以上も並べられている。
  2. 壁面や柱には精巧な彫刻がされており、獰猛(どうもう)な動物や毒を持つ虫などが守神として描かれている。

古代天文の位置関係が示されているところから、「天文台ではないか」という説も浮上していますが、「宗教施設」という説が有力なようです。

古代天文の位置関係については、後にくわくし説明していますのでご参照ください。

 

ギョベクリテペの謎・覆される歴史

ギョベクリテペの謎について沢山の方が考察していますが、謎が深すぎてまとめることが出来ないような印象を受けています。

今後も新たな謎が出てくるのだと予測されますが、現時点で浮上している謎について触れていきたいと思います。

謎1:農業よりも先に宗教があった⁉︎

これまでは「文明は農業から始まる」と考えられていました。

人々はまず農業を始め、その地域での社会構造が複雑化したため信仰を持ち、巨大な寺院や建物を建設するようになったというのが定説でした。

しかしギョベクリテペは、農業が誕生する500年前に建てられています。

つまり、農業よりも先に宗教があったという可能性を示したのです。

ドイツの考古者のクラウス・シュミット氏は、神殿を建てるための労働力が必要になり、働き手の食料を確保する手段として農業を始めたのではないかと仮説を立てました。

また、神殿であるとするならば、高い地位を持つ聖職者の存在がそこに見えてきます。

12,000年も前に聖職者の「階級制度」があったというのも新たな発見として広がっていきました。

謎2:柱に刻まれている彫刻の意味

柱にはモアイ像と同じように、手の形や鳥人のレリーフ(浮き彫り)が描かれています。

これは、「祖先崇拝」や「死者を守る為」という意味合いがあるといわれています。

そしてハゲワシの翼の中に人間の頭部らしきものが描かれていることから、「葬儀」を表したものだと考えられ、歴史上最古の象形文字であるという見方もされています。

このように、柱だけでもいくつかの仮説が存在するのですが、その中でも注目したいのが次にあげる2つの仮説です。

  1. 古代に大洪水が起こり、生物が死に絶えたことが描かれている。
  2. 古代天文の位置関係が示されている。

早速、それぞれの考察を見ていきましょう。

古代に大洪水が起こり、生物が死に絶えたことが描かれている。

「大洪水が起こり、生物が死に絶えた」という話。

これまでの都市伝説の中で聞き覚えがありませんでしょうか。

そうです。

『ノアの方舟』はここが起源ではないかと言われているのです。

また、Mr.都市伝説の関暁夫さんは、「フォトンベルトと関係がある」と仰っています。

2013年からフォトンベルトに突入しおり、フォトンベルトに突入すると自然災害が増えるそうなのです。

これは私の見解ですが、ノアの箱舟もフォトンベルトの話も、線として繋がる気がしています。

なぜかというと、「大洪水」も自然災害だからです。

そしてその仮説は、次の話に繋がっていくのです。

古代天文の位置関係が示されている。

柱に描かれている「古代天文の位置関係」を正確に合わせると、今から13,000年前の天体的な位置関係になります。

この事実に上の考察を加えると、ノアの方舟に乗り込んだ時の天文的な位置関係がわかるということになります。

ノアの方舟の伝説は天体現象により引き起こされた大災害であると言われています。

そして、13,000年の時を経て、天体の周期が合致してしまうのではないかということなのです。

つまり、合致した場合は・・・もうわかりますね。

ノアの箱舟がもう一度、必要になるかもしれません。

地球にポールシフトが起こり、いくつもの彗星群が地球に降り注いで大洪水を起こすということを予言していると言われているのです。

謎3:ギョベクリテペから見つかった石像

発見された「土偶」のような石像には、頭部や口が意図的に作られていないのが特徴として見られます。

これは、人身御供(つまり生贄)の代わりとして造られた物ではないかと言われています。

この時代に既に、生贄信仰が存在していたということを示しているのです。

謎4:頭蓋崇拝の形跡がある

ギョベクリテペでは、3つの頭蓋骨が発掘されています。

その頭蓋骨には、「死後に加工された痕跡」があると発表されているのです。

つまりこれは、世界最古の頭蓋崇拝が行われていたことを示しているといえるでしょう。

 

謎:番外編「トルコという国の謎」

ギョベクリテペはトルコ南東部にあるシャンルウルファという丘の上で発見されました。

シャンルウルファは、旧約聖書に登場するアブラハムの発祥の地と言われており、ユダヤ教・イスラム教・キリスト教をつなぐ聖地とされています。

また、シャンルウルファには、アブラハムが生まれたとされる洞窟があり、宗教を一つにして礼拝が行われています。

土地柄からも崇高さを感じてしまいます。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

2018年に世界遺産に登録された「ギョベクリテペ」。

人類は農業から始まったという定説を覆し、「宗教施設から始まった」という新たな定説が生まれました。

そして、ノアの方舟の起源であり、それと同時に、ノアの方舟神話が繰り返されることを予言しているのですから、人々に注目されてもおかしくはない話です。

「ポールシフト」「ノアの箱舟」「生贄信仰」や「頭蓋崇拝」。

まるで、都市伝説を総括するかのようなボリュームに驚かされます。

これだけの謎が浮上しているにもかかわらず、まだわずかしか発掘が進んでいない現状にも驚かされます。

その理由には「知られてはいけないものが表に出ないように、強力な組織が隠しているのではないか。」という噂が広まっています。

私たちは与えられる情報から、想像力を働かせ、自分を守る方法を導いて行かなくてはなりません。

ピラミッドも同じように、まだ隠されいる謎が多く存在します。

今後もギョベクリテペのみならず、「世界遺産の謎」に注目していく必要があるでしょう。

記事内の画像出典:TURKISH Air&Travel