言葉

英語の9月は何故Septemberなのか?

日本語で1月、2月を言う時は数字で良いのに、英語だとJanuary、February、March、April…と、法則性があるようで無く、変わっていきます。

みなさん、覚えづらいなと思われたことでしょう。私自身、1 month、2 monthと言えたらどんなに楽だろうと思っていました。

実は英語の月には様々な意味が隠されています。これを知ったら、あなたも月を覚えるのが速くなるかもしれません。語学の先生も教えてくれない、カレンダーの月の謎に迫ります。

9月 September~12月 Decemberの謎

1月から始めるより、9月から始めた方が分かりやすいため、早速、タイトルにある9月 Septemberの謎から見ていきましょう。

この4ヶ月は、法則性が感じられる「-ber」が最後につく4つの月です。

9月 September

9月Septemberの綴りをよく見ると、何かの数字が少しだけ隠れていませんか?

そう、seven(7)です。

ラテン語で「7番目の月」を意味するseptemに由来しています。

実は、昔のローマ歴では、9月が7番目の月だったのです。

ということは、ローマ歴は3月から始まっていてことになります。

ローマ歴では、一年が3月から12月の、計10ヶ月しかありませんでした。

1月と2月は後から足された月だったのです。

10月 October~12月 December

9月に続いて、10月から12月を見てみましょう。

10月のOctoberは、あの8本足の生き物を連想させます。

そう、octopus(タコ)です。ラテン語で8本を意味するoctoに由来しています。

11月はNovemberです。最初のアルファベットから想像して、nine(9)が思い浮かびますね。

ラテン語で「9番目の月」を意味するnovemに由来しています。

12月のDecemberはten(10)と関連していないので少し連想しづらいですが、一番分かりやすいもので、1リットルの10分の1の単位をデシリットルと言います。

そのdeciはラテン語で10分の1を表しているのです。

12月はラテン語で「10番目の月」を意味するdecemに由来しています。

 

1月 January~6月 Juneの謎

1月から6月は、2月以外、全て神話の神様の名前から取られています。それぞれどんな神様なのかも合わせてご紹介します。

※ローマ神話・ギリシャ神話は、もともときちんとしたストーリーが組み立てられておらず、ギリシャ近隣に古くから伝わる伝説や神話をもとに、歴史家や作家が部分的に書き遺したことで、現在に伝わるものです。

 

1月 January

ローマ神話に出てくるJanus(ヤヌス)に由来します。

ヤヌスは、男神で、風貌は前と後ろに2つの顔を持ちます。

門や正月を始め、あらゆることの入口、始まり、初めを司っています。

1年の始めに相応しい神様ですね。

2月 February

ラテン語でFebrua(浄罪)に由来します。

3月 March

ローマ神話のMars(マルス)に由来します。

マルスは戦いの神様です。

ギリシャ神話に出てくるアレスと同一視されています。

マルスは、ゼウスとヘラの息子で、4月の由来となった女神アフロディテと愛人関係になります。

戦好きで凶暴な神様です。

ギリシャ・ローマでは3月になると天候がよくなり、戦争を始める月であるから、マルスを祭ったようです。

4月 April

ギリシャ神話に出てくるAphrodite(アフロディテ)に由来します。

アフロディテは、愛と美の女神様です。

ローマ神話ではヴィーナスと呼ばれます。

「ヴィーナス誕生」や「ミロのヴィーナス」といった有名な美術作品がありますね。

アフロディテは、海に捨てられたウラノスという神様の性器からあふれ出た泡から生まれたので、「ヴィーナス誕生」では海に浮かんだ構図で描かれています。

花が咲き、新芽が芽生える春に相応しい神様です。

5月 May

ローマ神話に出てくるMaia(マーイア)に由来します。

マーイアは、美しい女神で、ゼウスとの間に男の子ヘルメスを産みます。

後に、ゼウスの妻ヘラから恨みを買って迫害されますが、最後には姉妹たちとともに、ゼウスによって星にされたと言われています。

6月 June

古代イタリアの女神様Juno(ユノ)に由来します。

ギリシャ神話のヘラと同一視されています。

ゼウスの唯一の妻で、出産や結婚、結婚生活における女性の守護神です。

6月の花嫁は、ヘラのご加護を受けて幸せになるという言い伝えがあります。

6月に結婚する人が多いのもこのためです。

7月July と8月 Augustの謎

7月と8月は、なんと実在の人物に由来しています。

7月 July

7月は、古代ローマの将軍ユリウス・カエサルJulius Caesarです。

暗殺される際のせりふ「ブルータス、おまえもか」がよく知られていますね。

王にはなりませんでしたが、彼の名前は、ドイツ語の皇帝Kaiser(カイザー)の語源にもなっています。

非常に有名な政治家で、カエサルは今のカレンダーのもと(ユリウス暦と呼びます)を整えた人でもあるのです。

1月と2月を増やしたのもカエサルでした。

カエサルは7月生まれだったため、自分の名前を7月に付けたのです。

わがままなような気もしますが、それだけ優れた人物であったから、彼の名前が残ったのです。

8月 August

ユリウス・カエサルは、息子がいなかったため養子を取りました。

アウグスツスAugustusと言います。アウグスツスは、戦争で成果を上げ、ローマ帝国の初代皇帝になります。

政治家としても、税制の改正や、神殿や公共の建物の建築、結婚の神聖の回復、など社会秩序の維持に尽力を尽くしています。

8月はアウグスツスの誕生月だったため、彼の名前が付けられました。

 

ちなみに、月の日数が1月は31日、2月は29日(28日)、3月は31日、4月は30日、5月は31日、6月は30日と、31日ある月が交互に来ますが、7月と8月は両方とも31日あります。

これは、カエサルとアウグスツスが自分の月だから31日ほしいと言ったからだそうです。

まとめ

英語のカレンダーの謎を解いてきました。

日本と遠く離れた西欧の文化を知ることで、なるほどと腑に落ちたのではないでしょうか。

私はこれを知ったことで、月の英語やフランス語がすぐに出てくるようになりました。

日本でも、昔は1月、2月ではなく、陰暦で睦月、如月と言いましたね。

今ではほとんど言われなくなり、若い人で12の月を全て言える人が少ないのではと思います。

こちらは、日本の伝統に沿って名付けられた月の名前であることに違いありません。

日本が陰暦から、今の数字による表記に変わった時は、どんな出来事があったのでしょうか。

その謎に迫ってみるのも面白いかもしれません。